2015年06月03日

ルーク兄さんチャンスを掴む!

さて、うちのルーク兄さんですが、就活も早々に終わってしまい、去年ほとんどの単位を取ってしまったので、大学院生活も残すは修士論文だけで、授業も週1回のゼミしか無い・・・。
時間がタップリあり過ぎる状態になってしまいまして・・・、お友達のもんちゃん(これは犬ではなく、人間のもんちゃんです。)もなんとか就職が決まったので、残りの大学時代二人で記念になり、勉強になり、実になる何かをしたいねぇ〜・・・、なんて話していたそうです。

そんなある日、ルーク兄さんはバイト先の飲食店の社長さんにお寿司屋さん(回らないぴかぴか(新しい)イイぴかぴか(新しい)寿司・・・、兄さんは社長さんに可愛がってもらっていて、時々お寿司や焼肉などに連れて行ってもらうことがある)に連れて行ってもらって、一緒に飲んでいるとき、

「店も10年たって、そろそろ古くなってきたしな、リフォームしたいねん。」

と社長さんが言うので

「へ〜、リフォームですか〜。やるんだったら、僕に設計やらせてくださいよ〜。」

と冗談半分でぶっこんでみたらしい。そしたら

「おっ!やる?何か案出してみ。良かったら採用したるわ。」

と言われ、マジですかっ!って事になったらしい。
お酒の席の戯言かと思っていたら、後日「〇日ぐらいまでに、案が出せる?」と聞かれ、ホンマやったんか!と言うことで・・・、もんちゃんと共同設計で案を出すことになったらしい。

今までは建物の形だけの設計しかしたことが無く、店舗内装設計なんて初めて・・・。
内装ともなると、壁の素材から床材から色、ファブリックまで今まで考えた事も無かった細かいディテールまで考えなければならず、ありとあらゆる店舗設計の本や資料を読み漁り、色々な店を見て回り、勉強しまくり、もんちゃんと二人でああでもない、こうでもないと頭をひねり、仕上げた模型を持って、いよいよ先日社長さんと会長さんにプレゼンしました。

結果、もの凄く気に行っていただけたそうで

「言うても学生のすることやからな〜、って思うててんけど・・・いや〜ここまでとは〜、これやったら全然イケるわ!」

って言われたそうです。顔(笑)


ルーク兄さんは今のバイト先で大学1回生の時から、かれこれ5年ずっと働いています。
バイトの中では一番の古株となり、バイトリーダーも務め、新人バイトの教育などもしています。
客層から、お客様の動線、従業員の動線、店の隅々まで知っており、いつも『ここをこうすればもっとスムーズに動けるのに』『ここはこのスペースを詰めれば、もう一つ席を作れるからお客様を多く入れられるのに』などなど・・・、普段から思っていた事を設計に盛り込み、こうすれば従業員は動きやすくなり、集客も増える!と経営面からもアプローチしたそうです。
打ち合わせの中、少し修正するところもあるし、もう少し大胆になってもいいと言ってもらったので、来週修正案をもう一度プレゼンすることになりました。


この案件がうまくいけば、ルーク兄さん人生初めての仕事となります。
学生のうちに自分の設計が実際のものになるなんて、まずあることではありません。
ルーク兄さん大きなチャンスを掴みました!
頑張れ!ルーク兄さん!

ニックネーム ルークママ at 14:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする