2016年01月02日

北斎の富士展

今年最初のお出かけは、『北斎の富士』展に行きました。

DSCN5682.JPG

葛飾北斎の富嶽三十六景と富嶽百景・・・広島県立美術館で今日が初日でした。
正月に富士山は縁起がいいから、初日に行こう!と年末に前売り券を買っておきました。
いや〜良かったですよ〜。
急に浮世絵に目覚めたルーク父さんですが、北斎は本当に行って良かった。
色々な場所から見た富士山がズラリ・・・、都内からみた風景はもちろん、遠くは名古屋・茨城・長野から見た風景まで・・・、そんな場所まで足を運んだのかなぁ・・・。
蜘蛛の巣ごしに見る富士などの表現もあって、現代人の私たちが見ても新鮮な構図がいっぱいで、あの時代にこの表現を使った北斎の才能を感じられずにはいられませんでした。
富士山もさることながら、江戸時代の人々の暮らしが本当によくわかって・・・基本人間ってどの時代も同じなんだな・・・って改めて思いました。
それにこれだけ富士山見ても、どれもいいな〜って思うって・・・日本人にとってやっぱり富士山は特別な山なんだな・・・と思いました。

今日は・・・ちょっとお買い物もしました。

DSCN5679.JPG

額装された版画を・・・。
いつもポストカードを買うぐらいなんですが、今日はちょっと・・・買っちゃいました。
額装されたものはポストカードサイズの版画です。
北斎の絵を縮小したものを版に起こし、印刷では無く本当に刷ったものです。
印刷されたポストカードもありましたが、やっぱり本当に刷ったものとは奥行きが違いました。
ルーク家にしては、ちょっと贅沢しましたね。(笑)
私は上から2番目の赤富士と、一番下の桶ごしに見える富士の作品が大好きなので、この2点が入っているので大満足です。
ルーク父さんは、あの波の作品が大好きなんだって。

良いお正月になりました。

ニックネーム ルークママ at 18:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする