2016年01月13日

当たり前の事で褒めてもらえる

年をとって・・・少しづつ色々なことが難しくなっていくルーク。
食欲不振もありますが・・・最近、前足が弱くなって転ぶことが多くなったり、転ぶと今度は起き上がるのが難しくなったりと・・・、少しづつできないことが増えてきた気がします。
だからと言うわけではないのですが、最近普通ならできて当たり前のことで褒めることが多くなってきた気がします。

ゴハンが食べられたら
「えらかったね〜。全部食べられたね〜。」
カテーテルが終わったら
「はい、いいよ〜。おしっこできたね〜。頑張ったね〜。」
朝までグッスリ寝た時も
「良く寝たね〜。偉かったね〜。」
って・・・。(笑)

ふと・・・、子犬のときもこうやって褒めてたな〜。って思いだした。
犬だけじゃなくて・・・、ルーク兄さんが小さいときも、こうして褒めてたな〜って。
でも、どんどんできるのが当たり前になって、褒めなくなってくるのよね〜。
それがまた褒め始めたって事は・・・、その当たり前の事がどんどんできなくなって来ている証拠なんですよね。

DSCN5704.JPG

目も見えないし耳も聞こえなくなっているルークは、もう私と目を合わせる事がめったにありません。
義眼を入れている方の目が小さくなってきました。
これも加齢による筋肉の衰えなんですよね。

ニックネーム ルークママ at 16:54| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする