2016年11月04日

ルーちゃんのシロップ

昨日の夜は強い発作は起きませんでしたが、やっぱり首が反りがちでプチシャチホコ状態が続きました。
寝るときも、比較的穏やかだったからすんなり寝てくれるかな・・・と思っていましたが、布団に入ると反り返ってヒーヒー・・・やっぱりシロップのお世話になりました。
ルーちゃんのシロップ・・・

DSCN6388.JPG

これがルーちゃんのシロップです。
小さいビンに入っていますが、この量で1,620円と言うけっこうなお値段。(笑)
小さなシリンジに吸い取って、口の端からチュピッっと入れてあげます。
このシロップは先日注射してもらったお薬をシロップに溶かしたものだそうです。
直接注射として打つより効果は落ちるそうなのですが、今のところルークには良く効いています。
このシロップは咳止めとしてよく使うものなんですって。
美味しいのか、ルークは嫌がらずに飲んでいます。

今日のルークも比較的穏やか。
今日は布団を干したり掃除をしたり、少し物の整理をして捨てる準備をしたりで家事は終わらせ、ルークが寝ている間本を読んで過ごしました。

DSCN6389.JPG

「フランス人は10着しか服を持たない」この本は去年やたらと話題になっていたので、とりあえず予約しておいたのですが、1年がかりでやっと順番が回ってきました。
最近少しづつ片づけて、もう何年も使っていない物、古くなったものなどを捨てていっています。
ミニマリストになりたいわけではありませんが、よく考えると惰性で置いているものなどは・・・場所をとるだけだったり、ゴタゴタしてそれが原因で掃除がしにくかったり・・・と言う事があるので、とにかく余分なものは処分してなるべくスッキリした生活がしたい・・・と思っています。

ルーク兄さんがこの春引っ越しをしたとき、余分な物はバッサリと捨てなるだけ少ないもので過ごすんだと宣言しました。
新生活が始まって半年がたちますが、9月に兄さんのマンションに泊まったルーク父さんが、「ビックリするぐらい片付いたスッキリした部屋だった。」と驚いていました。

「物を減らすと掃除もしやすいし、物が少ないから散らかりようが無い。安いからとか、とりあえず・・・って妥協して買ったものは結局気に入らないから使わなかったり着なかったり・・・そんな物に占領されて、どんどん部屋が散らかって行くのはもう嫌なんだ。少々値が張っても自分が気に行った納得したものを買うよ、気に入った物に出会うまでは妥協で買ったりしないよ。」

と、キッパリ言い・・・最近の兄さんは一緒に買い物に行っても、散々見て回っても気に行ったものがなければ一切買いません。
兄さんを見習って、母も片づけを始めました。

ニックネーム ルークママ at 19:07| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする