2015年08月06日

8月6日

今日8月6日は戦後70年の原爆祈念日です。
いつもはテレビで平和祈念式典を見て黙とうをするのですが、今日は70周年の節目ということもあり、現地へ赴くことにしました。
朝6時半自転車で家を出発。
雲一つない晴天、駅についたときは早朝と言えども汗だくでした。
広電の路面電車に乗って原爆ドーム前を目指します。
朝の通勤と、平和公園に向かう人々でものすごい満員でした。

7時45分ぐらいに原爆ドーム前到着。
8時からの式典開催に向けて、慰霊碑向けて急ぎ歩きます。

DSCN5325.JPG

会場向けて歩く人々・・・、朝早くからたくさんの人々・・・。

DSCN5329.JPG

ちょうど慰霊碑横の、吹奏楽やコーラスの学生さんがいる位置をキープできました。
ここから、チラッっと献花や平和の言葉を読むところも見えます。

DSCN5330.JPG

ふと原爆資料館の方を見ると、資料館の屋根の上に報道のカメラが!
普段上がれないところ、何の柵も無くすっごい危ないところですが、ベストポジションです。
式典が進む中黙とうし、引き続き市長や子供代表などの言葉が続きますが・・・、いかんせん周囲の木で、セミがジャンジャンジャンジャン大合唱で聞こえにくい・・・。
安倍総理の言葉の時は、セミに加えヤジやデモの人の張り上げる声で全然聞こえませんでした。
アイツが何言おうが、どうせうわべだけの中身の無い言葉なのだから、別に聞こえなくてもいいけどね。
他の人の話が終わるごとに、周囲の人々は拍手をしていたのですが、安倍総理の話が終わった後は誰からも拍手が起こりませんでした。

むかっ(怒り)バチクソじゃ!パンチ

※『バチクソ』と言うのは、ざま〜みろとか、罰が当たったんじゃ!とか・・・まぁ〜そう言うニュアンスの言葉です。非常に悪い広島弁です。あしからず・・・。

式典が終わった後、慰霊碑に参拝するために慰霊碑正面に移動します。
参拝者の長蛇の列・・・。

DSCN5331.JPG

しかし、祈念式典のために張られたテントから、冷たいミストが出ています。
これで少しは暑さが和らぎます。ありがたい。

DSCN5332.JPG

少しづつ進みます。もうかれこれ30分は並んでます。
暑い〜暑すぎる・・・。
でも原爆にあった人たちの事を考えると、これぐらいで弱音は吐けません。

DSCN5333.JPG

やっと到着・・・、亡くなった方への冥福と平和を祈りました。

DSCN5343.JPG

慰霊碑から横にそれ、広島国際会議場に向かいます。

DSCN5339.JPG

ここにはオノヨーコさんのピースアートである時計が展示されています。
時計の針は原爆が投下された時間を差し、6月というのは6日月曜日を意味しているのです。
原爆が投下された6日は月曜日だったそうです。

DSCN5342.JPG

週の初めから最悪じゃん!と心の中でツッコミました。

DSCN5344.JPG

平和記念公園の表に出てみます。

DSCN5337.JPG

原爆資料館の下では、無料のお水が配られていました。
のどがカラカラだったので、お水コップに2杯いただきました。
原爆が落ちた時も、水を求めてたくさんのひとが亡くなりました。
当時人々の生活のために、いち早く復旧させなければ・・・と、広島市水道局の人たちは自らも大やけどを負いながらも、原爆投下後すぐに水道の復旧に携わったらしいです。

DSCN5345.JPG

またこのような、無料で冷たいおしぼりの配布もされていました。
おしぼりはその場ですぐ返さなくてもいいみたいで、「使い終わったおしぼりを回収しま〜す。」と、手にかごを持った市の職員やボランティアの方々が、平和公園中を歩き回っていました。
なんという心遣いなんでしょう。
たくさんの人々の力が合わさって、この祈念式典が営まれている事を改めて知りました。
今回はお客様として祈念式典に参加しましたが、今度はボランティアとしてお手伝いをしたいなぁ・・・と思いました。

DSCN5346.JPG

折り鶴を折るコーナーがあったので、一羽折りました。
へ〜、折り鶴って英語でこう言うんだ〜。

DSCN5348.JPG

折り鶴を折った後通りかかった追悼平和祈念館に立ち寄ります。
皆さん何気にこの場所知らない人が多いのではないでしょうか・・・。

DSCN5349.JPG

中には静かな祈りの空間が広がります。
今日は被ばく体験記の朗読会もありました。

DSCN5350.JPG

広島の現在の地層が展示しています。

DSCN5351.JPG

このとおり、今でも広島の地は少し掘れば原爆の瓦礫がゴロゴロ出てきます。
(よく見ると写真撮影NGでしたね。ごめんなさい)あせあせ(飛び散る汗)

ゆっくり歩きながら、原爆ドーム前の電停を目指します。

DSCN5353.JPG

貞子の像の場所・・・、後ろが千羽鶴を奉納する場所です。

DSCN5354.JPG

元安橋の上から原爆ドームを望みます。
この元安川に夜灯篭が流されます。
相生橋の上に広電の路面電車が走っているのが見えますか?
この路面電車も、人々の生きる希望になるため、原爆投下の3日後には短い距離でしたが電車を走らせたそうです。
来週の月曜日10日の夜、NHKで『一番電車が走った』と言う番組が放送されます。
広島電鉄の皆さんの心意気と、復興に向かう広島の姿をどうぞご覧ください。

DSCN5355.JPG

原爆ドーム前では、色々な団体の人々が声を上げていました。
福島から来た人々。
被ばく・・・と言うことでは、広島も福島も同じです。
外で思い切り遊べない福島の子供たちに、広島でショートステイしてもらい、思いっきり遊んでもらうという取り組みがあります。
のぶりんはその団体のお手伝いを少ししています。

DSCN5358.JPG

今日広島に来た、日本全国・世界各国の人々が平和について一言言うコーナーもあります。
カナダから来た人、ありがとう。

DSCN5357.JPG

折り鶴を貼った平和の幕に、子供たちが熱心にメッセージを書いています。

DSCN5360.JPG

最後にもう一度原爆ドームを見上げ、帰路につきます。
濃い木々の緑と青空をバックに建つ原爆ドームは、むしろ美しさを感じさせるほどでした。
70年間しっかりここに建ち、復興を見つめ、戦争の惨劇を伝え、未来に向かう力強い美しさです。
今、日本は非常に危険な方向に舵を切ろうとしています。
こんなにも平和を願うたくさんの人々がいるのです。
どうぞ間違った方向に進まないよう。今日一番の祈りでした。

DSCN5361.JPG

ちょうど私の乗る電車が到着。
ルークママはこの電車に乗って帰ります。

長く広島に住んでいますが、祈念式典に参加したのは初めて・・・やはりテレビで見ているだけでは分からない、色々なことを見たり感じたりできました。
今日は本当に来て良かったです。
皆さんにもテレビでは映らない、8月6日の広島を・・・美しい広島を少しは感じてもらえたでしょうか?

ニックネーム ルークママ at 14:26| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ルークママ、ありがとう。
Posted by ゆずママ at 2015年08月06日 15:00
テレビで見るより何倍も心にひびきました。
ありがとう。
Posted by まこっち at 2015年08月08日 08:09
☆ゆずママさま☆
なんだか分からないけど、どういたしまして。

☆まこっちさま☆
やっぱ当日の広島の熱気はすごいです。
ちょっとはお伝えできたでしょうか?
Posted by ルークママ at 2015年08月08日 21:08
小学生の時、両親が
戦争、原爆を伝えようと
広島旅行に連れて行ってくれました。
この年になってもっと知りたいと思いました。
Posted by あっこりん at 2015年08月09日 21:23
☆あっこりんさま☆
ご両親はとても熱心な方たちですね。
ほとんどの人は、楽しい家族旅行になかなか選ばないと思うよ。
子供のころは連れて行ってもらってもよく分からないけど・・・行ったと言う心に残るよね。
まずはそれが大事なんじゃないかと思います。
その後心が育つと、知りたい考えたいと思うようになるので・・・。
Posted by ルークママ at 2015年08月10日 08:18
遅まきながら今朝(8月11日)読みました。同じくあの場所に同じ時間に立った私と同じ思いで書かれた文章に心が震えました。どんなにこの日をみんなが大切にしているのかということが、この式典を支えている人たちや準備・後片付けをする人たちの姿に強く感じました。ルークママの言うとおり「行ってみないとわからない」ことでした。川を見つめる時間を持ちました。方向音痴な私はどちらが川下なのか川上なのかわからなかったですが、右から左に流れる川面を見つめながら、あの日浮かんでいたおびただしい数の遺体、それが潮の満ち引きで流れて行きつ戻りつした光景が浮かびました。
確かに猛暑の一日でしたが、8.6を広島で過ごせて良かったです。
毎年広島人としてこの大切な日をブログで発信し続けてくれて、ルークママありがとう。今年もとても感動しました!
Posted by のぶりん at 2015年08月11日 22:25
☆のぶりんさま☆
お疲れ様でした。
暑かったよね〜。
4年も広島に住んでいて、平和公園迷うことはないじゃろ〜?(笑)
ブログをやってるんだから、やっぱこの日は発信しないとね。
Posted by ルークママ at 2015年08月12日 16:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字

この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/4072461
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック