2016年07月27日

存在意義

今朝、5時ごろ巣を見た時には雛がいましたが・・・

DSCN6067.JPG

8時過ぎにゴミ捨てに出ると、巣が空っぽになっていました。
今朝、コシアカツバメの雛たちは巣だったみたいです。
近くの電線に3羽とまっていて、親からエサをもらっているツバメがいたので、うちの子たちかもしれません。
3羽とも無事に巣立って良かったです。


相模原の障がい者施設で酷い事件がありましたね。
のぶりんは同じような障がい者施設に勤めているので、大変な話も聞きますが、また入所者さんとの楽しいふれあいも聞くことができたりしたので、あの犯人のような偏った思想になることは・・・ちょっと理解に苦しむな・・・と思っていたのですが・・・。

DSCN6070.JPG

今日もクルクル回ってしっかり運動して、クーラーの効いた部屋でソファでぐっすりのルークさんですが・・・、そう言えばルークもあの相模原の犯人と同じような事言われたことがあったな〜と思いだしました。
まだルークが若くて、車椅子でお散歩しているときに、見ず知らずのオジサンに

「車椅子で散歩たぁ〜、またこりゃ〜結構な犬じゃのう。あんた、こんなになっとっても、車椅子作ってやりやりまだ飼うんね?こがな犬やめて、新しいの飼うたほうがえかろう?」

と言われました。

要はルークを捨てる、もしくは安楽死させて処分し、新しい犬を飼えと言う事ですよね?
『犬じゃ思うて、酷い事言うジジイじゃ!』と思っていましたが、今回の犯人と同じ考え方ですよね。
きっと、人に対しては言わないけど、心の中じゃ人に対しても同じように思っているのでしょう。
そう言う人って、悲しいけどいるのでしょうね・・・。

体が不自由な上、年をとってボケも始まっている・・・、こんな犬、そんな人たちにすりゃ〜それこそ存在意義が無い犬なんでしょうね。

DSCN6072.JPG

今日ママ友が高知に行ったとお土産をくれました。
『カツオ人間』キモキャラじゃ〜。(笑)

ニックネーム ルークママ at 18:41| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
巣立ったね。
また来年帰って来るように耐震補強でもしといたら(笑)
世の中には考えられん人が多いわ。
まだカツオ人間の方が人間らしいかもね。
Posted by ゆずママ at 2016年07月28日 16:15
じいさんはそのうち自分がヨボヨボになっちゃうことを知らないんだろうなあ。
悲しい言葉だね。

目が見えなくても、足が一本無くても、そんなこと関係なしに、日々普通に生きていくワンコたちが好き。 「へこたれる」ってことをしないワンコを尊敬しちゃう。

ツバメさん巣立ち!よかった!
その巣はスズメが狙ってる!?
Posted by まこっち at 2016年07月31日 07:02
空き家にはまただれかが引っ越しをしに来るのでしょうかね〜ヾ(@⌒ー⌒@)ノ

そんな勝手なこと言うひとに限って、
痛い痛い動けんと周りに愚痴りながら長生きするもんですよ…(-。-;
動物を家畜程度にしか考えていないんですよ。
犬もひとも生命なのにね。
Posted by ともりん at 2016年07月31日 08:47
☆ゆずママさま☆
巣がこのままだったら、また来年同じツバメになるかなぁ・・・。
このツバメだと、雛が見えないからねぇ・・・。
カツオ人間以下です。

☆まこっちさま☆
そのオジサン自分が足が弱って車椅子になったらどうするんだろう?

たぶんスズメが入ると思うね。
一度スズメが入った巣に、ツバメは帰って来るのかな?

☆ともりんさま☆
色々な人がいるもんです。
口では酷いことを言う人はたくさんいるけど・・・、それを実行に移す・・・まさかそんな人がいるなんて思いませんでした。
Posted by ルークママ at 2016年07月31日 12:53
そのおっさんに憤慨じゃ〜!!
ルーママ、よくキレずにいたね。
大人しい?!私でも反抗したと思う。
そのおっさん、今ごろ
足腰弱って家族に見放されてるはずや!
あーーー腹立つ!!
Posted by あっこりん at 2016年08月01日 09:04
☆あっこりんさま☆
そのオジサンには「飼ってしまえば家族ですからねぇ・・・。」と笑ってごまかしましたが、伝わってないだろうね。
Posted by ルークママ at 2016年08月01日 17:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字

この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/4158959
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック